スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Fritzing プリント基板画面でグリッドを使う方法

楽しい回路図エディタ Fritzingですが,使い始めた当初
ちょっと迷った情報が有ります。

Fritzingは便利だけど,
「PCBモード(プリント基板画面)でグリッドが使えない。」
という複数ブログ情報です。

結局,今のバージョンでは
Fritzingはプリント基板画面でグリッドをサポートしている。」
という結論になりましたのでやり方をメモしておきます。

と言っても下記メニューの赤枠部分を選択するだけです。
Fritzing プリント基板でグリッド表示

グリッドのサイズも変えられます。↓

先ほどの画面でメニューから赤枠の下のSet Grid Size...を選びます。

後は,下記画面で変更すればOKです。
Fritzing グリッドサイズ変更


デフォルトのグリッドサイズは,
0.1inch (2.54mm)になってます。
DIPのICやいわゆる一般的なユニバーサル基板のピッチです。

2012/07/30(月) | 回路図エディタ : Fritzing | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://picalittle.blog.fc2.com/tb.php/23-dd0886b9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。