スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MacでPICの開発環境。

2012年,7月現在,MacPIC焼く環境は驚くほど安価で簡単です。
(ソフト自体はある程度まで無料でコンパイル>焼き込み出来ます)

以下,当方の環境についてメモ書きです。
(入れているものはクロスプラットフォーム製品なので,Windowsでも当然,同じように使えます)

まずはPIC焼く環境

MPLAB_X IDEPICkit3を用意する。以上終わり! です。

mplab_ideについて


ほかに回路図エディタでFritzingというツールを入れています。

インストールなど詳細は次の記事で。


##
ちょっと前までは,Macで電子工作しようと思ったら,
相当準備が面倒でした。
なので私の場合,いちいちWindowsのノートを立ち上げていました。
だけど,いちいち別のパソコン立ち上げるのも面倒で,
億劫になり,ヤーメタした事が数知れず・・・。

良い時代になったものです。

2012/07/16(月) | 環境構築 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://picalittle.blog.fc2.com/tb.php/6-c323d906
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。